FC2ブログ
01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

You To Me(ゆう+とみ)さんコンサート第2回 よかったですー。

2010/02/21
今日、2月21日(日)14時半~サカミティーでは

You To ME ゆう+とみさんのフォークライブコンサート 第2回 がありました。

コンサートまたまた大盛況でした。
すっごくよかったです!!!
お客さんもたくさん来ていただいてありがとうございました。何よりお天気がすごく良くてよかったです。日当たりも良く、会場は暑いくらいでした。


You To ME ゆう+とみさん!
ゆう+とみ 2月21日(日)コンサートの様子   お客さんいっぱい☆

今回は枚方のこもれびさんがゲストに来てくださっていました。↓      ↑会場の様子。
                       ゲスト こもれびさんのライブ
こもれびさんは地元 枚方在住の男性と女性のお二人によるユニットで、女性の方のボーカルが、すごくきれいで優しい。少し静かな感じのギターの弾き語りによる演奏をしていただきました。(上はこもれびのお二人の演奏風景です。)


最初はゆう+とみさんのライブ。 「ルビーの指輪」等

続いて、こもれびさんのライブ。 「Over The Rainbow」等

それぞれ終わって、2グループのセッション ・・・という感じでした。
曲目はカントリーロード、世界に一つだけの花、あのすばらしい愛をもう一度、なごり雪などなど。
歌も演奏も素晴らしかったです。
手拍子とともに、お客さんとみんな一緒に歌うって楽しいですよね。
迫力のあるギターの演奏に、少しかすれたハーモニカの音色や、タンバリンも響いて、フォークの世界にたっぷり浸れる2時間でした。
前回は男声がメインでしたが、女性のボーカルも加わると雰囲気がまた違いますね。
ほんとにいつも素敵なひと時を有難うございます!!



スタッフは会場の外で聴かせていただいたのですが、
中に入ったらもっと大音響の中で聴けるのになあ・・・と羨ましがっていました(笑)。
素敵だったあ。

帰り際に出演者の方が「またやらせてくださいね。」とおっしゃってくださって嬉しかったです。
またぜひぜひお待ちしています。
おつかれさまでした。サカミティーの対応なども気づいたことがあればどんどん言ってください。
今日はみなさま、ありがとうございました。

次回のコンサートは
佐山三郎氏によるブルースの弾き語りコンサートです。3月7日(日)14時30分~



スポンサーサイト



23:26 未分類 | コメント(1) | トラックバック(0)

ゆう+とみ コンサート 第2回 もうすぐ開催です。

2010/02/21
前回大好評だった、ゆう+とみさんが第2回のサカミティーライブをしてくださいます。

前々からのファンの方も、前回お越しいただいた方も、今回初めてという方も、フレンドリーな雰囲気の楽しいライブです。
お誘い合わせのうえぜひぜひお越しください。前回コンサートの様子→ 

ギターの弾き語りによる、70年代のフォークソング中心のライブです。今回はゲストの「こもれび」の方々も加わってどんなコラボを見せてくださるのか楽しみです☆

以下は宣伝チラシより。


フォークライブ in サカミティーⅡ

♪日時 2010年2月21日(日)

♪会場 レストラン サカミティー

♪出演 You To ME(ゆうさん&とみさん)

    ゲスト こもれび


♪入場は無料ですが、サカミティーでの1ドリンク以上のご飲食の注文お願いします。




プロフィール

♪ You To Me(ゆう+とみ)

ゆうさん
中学一年の頃からギターを弾き始め、音楽活動をスタート。現在、職場のある京都を中心に、70年代オヤジフォークバンド「満月堂」のメンバーとして、また、69歳の健さんとのデュオ「カレーパン」と複数のグループに参加して、各地のイベントや施設でのボランティア演奏活動等を行っています。

とみさん
中学時代に吉田拓郎を聞き音楽に目覚める、現在は小学3年生の息子さん「拓郎君」と共に、親子デュオ「とみさん&たくろう」でも活躍。他に男性3人のフォークグループ「スリーフィンガー」でも活躍中。

♪ こもれび

枚方市在住のギター&ボーカルユニット
わたしたちは音楽ジャンルにこだわらず、フォークソング、ポップス、洋楽など自由な選曲 自由なアレンジで歌や演奏を楽しんでいます。
「こもれび」という名前にふさわしい人にやさしい癒し系グループを目指しています。

♪フォークの他、最近の曲も演奏します。

♪みなさんと一緒に歌っていただくコーナーもありますよ!




どうぞお楽しみに。
>>続きを読む・・・
00:15 未分類 | コメント(1) | トラックバック(0)
 | HOME |